資産運用するなら知っておきたい情報|初心者でも安心してできる投資

ウーマン

市場取引の仕組みの違い

財布

取引の仕組みが異なる

日本のFXと海外fxの根本的な違いは資金の移動方法です。取引の実態は変化ないのですが、日本と海外ではFX会社の収益の確保の仕方が根本的に異なっています。そのため、収益を出す構造こそ変化はありませんが、海外fxがおすすめされる一つの理由になっているのです。投資は、安心して行う事が第一です。そのため日本の会社を利用することが最も安全策なのですが、取引における仕組みを理解することで逆に日本の会社を利用する危険性があります。日本のFXの場合、実際の取引における資金は市場に送られることはありません。あくまでもFX会社が取引の収益や損失を肩代わりしている仕組みになります。これは、FXの市場に実際の資金を出すと手数料がかかるからです。そのため、顧客が収益を出すとFX会社は赤字になってしまうのです。しかし海外fxの場合には、どんなに少額の取引でも実施の市場に資金を出します。そのため、顧客が、勝っても負けても、どちらでも収益を出すことができるようになっています。日本の会社は、顧客が負けた場合には、その金額がすべてFX会社の利益になります。利益率が高く推移するのはこのためです。逆に顧客が勝つと収益に問題が生じるため、できる限り勝たせないように工夫するのです。これでは顧客は安心して取引することができません。そのため、市場に資金を正常に出している海外fxをおすすめです。また、海外fxを始める前にサポートサイトなどを観覧して情報を集めるのがおすすめです。